aa
Vol.36
2011年6月5日号
Theme:お伽の国に迷い込んで
Vol.37
2011年6月12日号
Vol.35
2011年5月29日号
ガダーミスの室内装飾
チャーミングな空間
東はナイル川沿いの谷から、西は大西洋まで至る世界最大のサハラ砂漠。その入り口にあるオアシスの街ガダーミスまで、早朝にトリポリを出発して1日がかりのドライブとなった。この街は古くから地中海とアフリカ内陸部を結ぶ都市として発展し、かつては「砂漠の真珠」と賞賛された。メディナ(旧市街)は日干しレンガに石灰を塗った建物が密集し、全体がひとつの建物のように見える。屋根のあるアーケードというよりはトンネル?のような通路も特徴的。網の目のように張り巡らされ、自分が街のどのあたりを歩いているのか、さっぱり見当がつかない。
白い家は、外観が極めてシンプルだが、室内装飾は独特の趣きがある。濃い赤の彩色と凹凸を付けた幾何学的な模様が壁いっぱいに施されたデザインで、とてもチャーミング。北アフリカの伝統的なマグレブ美術の影響を受けているそうだが、何とも可愛らしい空間である。
そういえば、この地で食べたクスクスは美味だった。未だにその味を忘れられない。



MAP
大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国
文化遺産/ガダーミスの旧市街

Vol.37
2011年6月12日号
Vol.35
2011年5月29日号