aa
Vol.07
2010年11月14日号
Theme:天空の祈り
Vol.08
2010年11月21日号
Vol.06
2010年11月7日号
断崖絶壁の上に建つアギア・トリアダ修道院
屹立する奇岩の上に造られた修道院
ときに、人間のもつ驚異的な力に目を見張ることがある。言葉にならないほどの驚きを覚え、感動に震え、そして、胸の奥から賞賛の気持ちが湧き上がる。
「メテオラ」はギリシャの中央部より少し北に位置する聖地である。メテオラとはギリシャ語で "中空に浮く"という意味だが、そのとおりの光景が現れる。見た人は、誰もが思わず息を呑むだろう。低いもので20〜30m、高いものでは400mもある奇岩の上に修道院が立っているのだ。造られ始めたのは14世紀頃から。俗世を離れ、神に近づくことを望んだキリスト教徒が敢えてこの場所を選び、命がけで造り上げたのだという。より天に近く、自らに苦行を課すような場所。執念にも似た思いの強さが伝わる。本当に、周囲は断崖絶壁でスロープも何もない状況の屹立した岩山の頂上に、よくぞ建てたと驚嘆するばかりである。修道院は、現在も6カ所残っている。
なお、奇岩誕生には、水の侵食によるものや、湖が風化したためなど諸説あり、はっきりしたことはまだわかっていない。




MAP
ギリシャ共和国
複合遺産/メテオラ

Vol.08
2010年11月21日号
Vol.06
2010年11月7日号