aa
Vol.05
2010年10月31日号
Theme:天空の祈り
Vol.06
2010年11月7日号
Vol.04
2010年10月24日号
五彩池と黄龍後寺
透明な青い水を湛えた仙境
「この世のものとは思えない美しさ」という表現は陳腐なのだが、他に言いようのない場合もある。世界遺産を巡る中でそんな光景に幾つか出会った。たとえば、中国四川省、岷山山脈の秀峰である玉翠山に抱かれた黄龍。ここは世界有数のカルスト地形で石灰岩の層が斜面に沿って棚田を形成し、そこに水がたまって湖沼群をつくりだしている。その水は、深い山間には不釣り合いとも思える透明なブルー。思わず手を伸ばして口に含みたくなるような…。さらに、場所と時間によって黄、緑、青、白、黒、金色などに水面が変化する五彩池にいたっては仙人の仕業か…?と思うほど神秘的なのである。ほとりに立つ黄龍後寺は人々の信仰をいまも集めるが、標高3500m前後で空気が非常に薄く感じられる。麓からここまで登ってくるのは正直容易ではない。けれども、静謐な空気が張りつめる仙境のような地だからこそ、祈りの場にふさわしいのだろう。



MAP
中華人民共和国
自然遺産/黄龍の景観と歴史地域

Vol.06
2010年11月7日号
Vol.04
2010年10月24日号