aa
Vol.02
2010年10月10日号
Theme:天空の祈り
Vol.03
2010年10月17日号
Vol.01
2010年10月1日号
アルマス広場
インカの首都は、世界の「へそ」
13世紀初頭から300年間、インカ帝国の首都として繁栄を極めたクスコ。ペルーの南部に位置し、標高はなんと!3360mもある。空中都市として有名な遺跡、あのマチュピチュが2400mだからそれより1000mも高く、実際高山病になる人も少なくないのである。ちなみにマチュピチュへ行くにはこの街が起点となっている。
クスコとは現地の言葉ケッチュア語で「へそ」を意味する。太陽神殿を崇拝し、大インカ帝国を築き上げた人々にとって、クスコは世界の、そして宇宙観の中心であった。当時の神殿など多くはスペインの征服によって消失してしまったが、その名残は教会の一部やインカが誇る精密な石組みに見ることができる。
この街で忘れてならないのは、夜、アルマス広場を訪れること。かつて創造神ビラコチャの神殿だったが100年をかけて建て替えられたカテドラルや噴水があり、夜景の美しさは世界でも有数といっていい。そして、見上げた星空が近く感じられたのもこの地ならでは、であろうか。



MAP
ペルー共和国
文化遺産/クスコ市街

Vol.03
2010年10月17日号
Vol.01
2010年10月1日号