Vol.64
2011年12月18日号
Theme:世界のクリスマス
Vol.65
2011年12月25日号
Vol.63
2011年12月11日号
美しい夜景と深夜のミサ
世界一美しい夜景の都と讃えられるハンガリーのブダペスト。ドナウ川に架かる「くさり橋」は幻想的にライトアップされ、とても魅惑的である。さらに、街がクリスマスイルミネーションに彩られるこの時期は、まるでファンタジーの世界に迷いこんだよう。ちなみに、くさり橋の名は一説に、電球を連ねた照明が「鎖」のように見えるところから名付けられたという。
くさり橋のそばにある聖イシュトヴァーン大聖堂は高さが96mあり、ブダペストで最も高い建造物だ。主祭壇に祀られたハンガリー建国の父イシュトヴァーン。白い大理石でつくられた彼の像には、高い天井から光が降り注ぐ仕組みになっている。深夜訪れると、ミサが行われていた。人々は静かに集い合い、キャンドルに火を灯していく。その光景は、お祭りムードのクリスマスとは少し違う聖なる夜の原点、こころ安らぐ祈りのひととき。私は特に信仰をもたないが、やがて明ける新しい一年が平和で幸せであるよう祈っていた。



ハンガリー共和国
文化遺産/ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト

Vol.65
2011年12月25日号
Vol.63
2011年12月11日号