Vol.69
2012年1月22日号
Theme:黒い肌の聖人〜エチオピア
Vol.70
2012年1月29日号
Vol.68
2012年1月15日号
失われたアークは、ここに
エチオピア高原北部にあるアクスムは、かつて交易で繁栄を極めたアクスム王国の首都だった。3〜4世紀には古代ローマ帝国に匹敵する強大さを誇ったというが歴史は謎に満ちている。なかでも聖母マリア・シオン教会に収められたアークの謎は最大といえるだろう。アークは、モーゼの十戒を刻んだ石盤が納められた箱とされ、「契約の箱」「聖櫃」とも呼ばれる。ちなみに映画の「インディジョーンズシリーズ」第1作に秘宝として登場する。伝説では、初代大統領のメネリクが神から授かったという。しかし、メネリクがアークを持ち去ったと記す歴史書もある。ふだんは見られないが、年に1度「ティムカット」と呼ばれる祭にはアークが担がれて街を練り歩き、それを見ようとキリスト教信者等1万人もの人々が集まる。
また遺跡のなかで目を引くのは巨大なオベリスク。立っているもので最高24m、倒れたものでは30mを越えるものも。彫刻等の装飾が施され、王墓と推測されているが大きいものは150tもあり、どのように造り立てたのかは解明されていない。



エチオピア連邦民主共和国
文化遺産/アクスム

Vol.70
2012年1月29日号
Vol.68
2012年1月15日号