aa
Vol.31
2011年5月1日号
Theme:お伽の国に迷い込んで
Vol.32
2011年5月8日号
Vol.30
2011年4月24日号
バーバルヤマン(イエメン門)と旧市街
アラビアンナイトの物語
アラビア文明発祥の地であり、2000年以上の歴史を持つイエメン。古都サナアの旧市街は現存する世界最古の街といわれる。入り口であるバーバルヤマンはかつて街を囲んでいた城壁の名残り。門をくぐり細い路地を行くと、ひしめくスーク(市場)の熱気に驚かされる。ぎっしりと隙間なく立ち並ぶ建物は、層を重ねクリームで飾ったケーキのようにも見えて、とてもユニークだ。1000年以上前に建てられたイエメン様式の建物が今も数多く残っているという。中心部に建つモスクからは、敬虔なモスリム(イスラム教徒)の国らしく礼拝の時間ごとに祈りの声が響く。異文化を強烈に感じる街。まるで、アラビアンナイトの物語に入り込んだような時間が過ぎていく。
朝の5時過ぎ、ホテルの屋上から市街の夜明け撮影していた。すると、イスラム教の祈りであるコーランが聞こえてきた。暗闇に包まれる下界から、厳かに、しかし力強く響いてくる人々の祈り。その声の振動が世界に響きわたっていくようで深い感動を覚えた。



MAP
イエメン共和国
文化遺産/サナア旧市街

Vol.32
2011年5月8日号
Vol.30
2011年4月24日号