Warning: file_get_contents(http://graph.facebook.com/http%3A%2F%2Fwww.tomiiyoshio.com%2Feu%2F4232): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/sites/heteml/users/s/h/a/shashinkoubou/web/tomiiyoshio/blog_eu.php on line 173

No.36 アテネのアクロポリス〔ギリシャ〕|週刊 世界遺産×富井義夫 - 最新ヨーロッパの人気世界遺産めぐり

No.36
2014年12月21日

〔ギリシャ〕

アテネのアクロポリス

Acropolis, Athens

 ギリシャの首都アテネの町にあるアクロポリスは「小高い丘の都市」を意味する。いま見ることのできる神殿の遺跡は、約2500年前に築かれた。大国ペルシャを打ち破ったデロス同盟の盟主アテナイ(現アテネ)は、諸ポリス(都市国家)から集めた潤沢な資金を使って壮大なアクロポリスを再建したのである。
 パルテノン神殿の建築手法がおもしろい。視覚的な安定感を出すために柱は内向きに傾斜している。円柱の真ん中にふくらみ(エンタシス)をもたせた手法は、シルクロードを経て日本の法隆寺にも使われているという。
 建築、哲学、政治制度などあらゆる分野で人間の叡智を切り開いた古代アテネ。アクロポリスがいまもその原風景を伝えている。
富井義夫




【所在地】
ギリシャ中部、アッティキ地方に属する首都アテネの中心部にある文化遺産。標高456mの石灰岩のテーブル台地に、パルテノン神殿を中心とする古代ギリシャの建造物群が立ち並んでいる。

【アクセス】
アテネのエレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港から市街中心部までバスで約1時間。