No.33 リラの修道院〔ブルガリア〕|週刊 世界遺産×富井義夫 - 最新ヨーロッパの人気世界遺産めぐり

No.33
2014年11月30日

〔ブルガリア〕

リラの修道院

Rila Monastery

 僧イワン・リルスキーが洞窟で隠遁生活を始めたことから誕生した僧院で、ブルガリア正教会の総本山。標高1000mを超すリラ山の山峡にひっそりと建っている。
 修道院内の教会は、重厚なヨーロッパの大聖堂では見られない、小粋な2色のストライプ文様が美しい。その周囲を、僧房を兼ねた外壁がぐるりと囲む。修道院の全体像はリラ山の景観に驚くほどよく馴染んでいる。
 素朴な外観の雰囲気とは裏腹に、中へ入ると壁や天井には極彩色のフレスコ画がびっしり。悪魔と戦う天使や聖職者の絵が圧倒的な迫力で迫ってくる。
 ブルガリアの首都ソフィアから120km。交通の便がいいとはいえないが、ソフィアまで来たらぜひ立ち寄って欲しい、素朴さと荘厳さを兼ね備えた修道院だ。
富井義夫




【所在地】
ブルガリア南西部、キュステンディル州リラ自治体に属し、標高1147mのリラ山中にある修道院。

【アクセス】ブルガリアの首都、ソフィアからリラ修道院までバスで約3時間。